当ブログの運営者であるokumaのプロフィール

自己紹介

 

このブログを初めて訪れてくれた方の為に、詳細のプロフィールを作成しました。

最初に言っておきますが、長いです!( ̄ー ̄)

覚悟を決めた方からどうぞ。

ご挨拶

初めまして。okuma(@okuma03)と申します。

1987年生まれのアラサー女です。

生まれも育ちも東京で物心ついた頃からビアン。 そしてノンセク(ノンセクシャル)です。

ここで下ネタ経由でたどり着いたあなた!残念ながらこのブログは超真面目に書いてますので、そういう情報は皆無に等しいです。なので今すぐ引き返す事をオススメします。(どーん)

いやいやそうは言ってもセクマイに抵抗ないし、気にしないよという方だけ読み進めていただければ幸いです。

それと・・

プロフの写真見れば分かると思いますが、初対面の方にお会いするとほぼ100%男に間違われます(°▽°)

一般的にはボーイッシュに分類される、のかな?(自信なさげ)

 

活発な幼少期〜小学生時代

<img src="https://okuma-colors-life.com/wp-content/uploads/2018/03/pexels-photo-294173.jpeg"alt="赤ちゃんが笑顔でジャンプしている"/>

さて、上記でいきなりカミングアウトしましたが、ここで幼い頃も男の子みたいだったのかな?と思った皆さん。

ハズレです。

スカートも履いてました。(ただし、めっちゃ嫌々)

この頃、自我が目醒めつつあったのか、なんで女の子なのにスカート履かなきゃいけないんだろう?と幼いながら疑問に思っていました。

家で遊ぶよりも外で遊び回り、洋服汚しまくるような子供で女の子とも遊ぶけど、どちらかというと男の子に混じって遊ぶ事が多かったです。

そして、あれは忘れもしない小学校1年生の時・・・!
ある時から同じクラスで仲良くなった女の子が気になって仕方なくなりました。

この時点では同性が好きな事がマイノリティーなんだということは知る由もありません。
ただ、毎日その子に会うのが楽しみで学校に行ってました。

思い返せば、あれが私の初恋だったなと。

そんな密かな片思いをしていたのですが、長くは続かず・・

その子は小学3年生の頃に転校してしまい、想いを伝えるまでもなく私の初恋は儚く散りました。。

 

okuma
元気にしてるかなー

 

周りを気にするようになった中学生時代

<img src="girl-sitting-water-jetty-395713"alt="少女が背を向けて座っている"/>

活発だった小学生時代は嘘のように、中学生になってから人が変わったように大人しくなりました。

この頃にははっきりと女の子が好きだと自覚していたのですが、誰にも相談出来ずにモヤモヤする日々。

私って周りと何か違う・・合わせないとっ!!
などど、今思えば無駄な協調性をフル発揮し、とにかく目立たないように個性を殺して生活していました。

(これが、自分を守っているようで実は傷付けているのだと気付くのにはまだまだ時間が掛かります)

しかし、そんな影の努力を微塵も知らない人達には違うように映っていたのか、卒業アルバムに書いてもらった同級生や後輩達からのメッセージを見ると、

クールでカッコ良い!○○先輩にずっと憧れてました!

みたいなメッセージが飛び交っていて、内心嬉しいんだけど偽っている自分に罪悪感を感じていました。。

今だにふと思い出すと恥ずかしいような何とも言えない気持ちに包まれます。

私は当時バスケ部に3年間所属していたのですが、心情を悟られまい!と、喜怒哀楽を抑えてきたことが周りにはどうやらクールに見えたようです。(みんなー!ダマされてるヨー!)

 

そして、女の子に初めて告白されたのもこの中学生時代でした。

私も気になっていた子だったのですごく嬉しかったのを覚えています。

それと同時にこの気持ちを悟られてはいけない!と、またまたいらん防衛反応が無意識に働いた結果、

本当は私も好きなんだよーーー!と今すぐ声を大にして叫びたい気持ちを抑え込んで、ありがとね。と言うのが精一杯な自分(マジで何様なの)

その子も勇気を出して行動してくれたはずなのに、本当に申し訳ない事をしてしまいました。

出来る事ならタイムマシンであの頃に戻って本音を伝えたい・・

 

okuma

・・元気にしてるかなー(2回目)

思春期爆発の高校生時代

<img src="https://i1.wp.com/okuma-colors-life.com/wp-content/uploads/2018/03/pexels-photo-213775-e1525062964698.jpeg?resize=519%2C702&ssl=1"alt="女性がテンション上がってジャンプしている"/>

高校はとある女子校に進学。

この頃は、好きな人が出来たとしても、どうせ想いを伝えても無駄だと行動すらしていないのに最初から諦めてしまう思考グセがついてしまっていました。

中学時代に苦い経験をしたのに、変化を恐れて変わらないままの自分。

この頃は本当に自分が嫌いでした。

 

ただ、転機が訪れます。

 

そう… 人生で初めての彼女が出来たのです!!!(〃ω〃)

ずっと自分に自信が持てずにいた私ですが、この彼女との出会いで少しずつ自分らしさを取り戻せたと言っても過言ではありません。

カム(カミングアウト)したのも彼女が初めてでした。

今はもうお別れしていますが、今でも大事な友人の一人です。

高校生時代はとにかく毎日が新鮮でそれゆえ葛藤も多く、ここに書ききれないので別記事で!(すみません)

セク迷子?短大生〜新社会人時代

<img src="https://okuma-colors-life.com/wp-content/uploads/2018/03/concept-idea-innovation-212286-1.jpg"alt="男性がたくさんの掲示を見ている様子"/>

短大時代はバイト三昧に友達と遊びまくった記憶しかないので割愛します(笑)

卒業してからは、幼い頃からずっと運動が得意且つ好きだったので、身体に関わる仕事がしたいと思い、とあるジムのトレーナーとして就職しました。

不思議な事に似た者同士は引き合うのか、その職場にはお仲間(LGBTに当てはまる人)も数人いました。

有難いことにお客様にも恵まれて、居心地が良かったこともありそこは5年ほど勤めました。

実は、一時期自分のセクに悩みすぎて、本当はビアン(ノンセク)じゃないのかも?!と思い、男性とお付き合いしたこともあります。

けれど一緒にいても心から楽しめないし、手を繋ぐことも違和感を感じたので、半年経たない内にお別れしました。

やっぱり私は女の子が好きなんだ!と改めて実感したのもこの頃。

それからノンケ(異性愛者)に3年ほど片思いをしていた時期でもあります。

当事者ではない彼女にカムした時は、さずがに引かれるのではないかと不安になりましたが、快く受け止めてくれました。

その後いい感じの関係になるのですが、告白する勇気が持てず、退職したのを機にその子とは疎遠になってしまいました。とほほ。。

 

okuma

元気にしてるかなー(3回目)

→いい加減しつこい

アラサーになってから

<img src="https://okuma-colors-life.com/wp-content/uploads/2018/03/clouds-fashion-free-103123.jpg"alt="大自然の中で男性が背を向けて手を広げて立っている"/>

私は自分のやりたい事が見つかったら、すぐさま行動を起こすタイプなので決断は割と早いです。

その時々で自分の気持ちに正直に向き合って選択しているので、後悔したことはありません。

そう・・仕事に関しては!!(どーーん)

恋愛に関しては上記に記述した通り、超絶不器用でヘタレなのです。。

しかし、理解してくれる友達や仲間がいるお陰で自分を責めることはしなくなりました。(感謝!)

ふーん。って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これって私にとってはすごい変化なんです。
時間は掛かったけれど、自分を丸ごと認めるとすごく楽になることが分かりました。

最後に

同じようにセクで悩んでいる方や興味があってこのブログを訪れた方など様々だと思いますが、私が感じてきた感情や考え方が、 誰かの役に少しでも立てれば嬉しい限りです。

長くなりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

ツイッターやってるので興味持っていただけたらフォローしていただけると嬉しいです(*゚▽゚*)

okumaのツイッターはこちら icon-hand-o-down
@okuma03

引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

 

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください(^^)